日本の最先端医療を担う「ハイメディック・東大病院」での検診をどうぞ。
ハイメディック・東大病院
所在地:名古屋市中区栄一丁目30番22号(予定)
検診開始時期:2016年7月(予定)
検診委託先:社団医療法人トラストクリニック
        (提携施設のご案内
やすらぎと上質なホスピタリティをご提供
1Fロビー
設計コンセプトは「images(画像)」&「human(人間)」です。外観の水平フィンは、中部圏初の導入となる最新PET/MRI機器による断層画像を表現。滑らかな曲線やスプーンカットの意匠が人体のシルエットを彷彿させ、有機的で優しい表情を与えています。
さらにこれらの多数のフィンは、建物に深い陰影を創るとともに夏の強い日差しを遮り、省エネにも貢献しています。検診施設の内装には高級感あふれる大理石や木材を採用。“高級会員制検診施設”にふさわしいデザインを追及し、やすらぎや上質なホスピタリティを感じられる空間となっています。

最新鋭の医療機器と検診で皆様の健康を総合的にサポート 「ハイメディック名古屋」では、これまでの領域の検診はもちろん、会員様の健康をより総合的にサポートしたいという思いから、現在考え得る最も先進の「健診」を追求し、PET/MRIをはじめ、女性検診のために通常検査項目として3Dマンモグラフィなどの最新鋭機器をラインナップ。オプション検査としてハイメディック名古屋ならではの検査項目もご用意しております。
コースの一例
検査精度を上げるために、2段階システムを導入しております。
1回目
(約4時間30分)
  • 尿検査、便潜血検査、喀痰細胞診
  • 認知記憶テスト
  • 体組成検査、眼底・眼圧・視力検査
  • 安静時心電図
  • 血圧脈波検査、呼吸機能検査、重心動揺検査、骨密度測定、聴力検査
  • ヘリカルCT検査(胸部~骨盤部)
  • 3Dマンモグラフィ検査※女性のみ
  • 血液検査(生化学検査、腫瘍マーカー検査など)
  • PET/CTまたはPET/MRI検査
  • 3.0テスラMRI検査(頭部、上腹部、下腹部)
  • 乳房用PET検査 ※女性のみ
2回目
(約5時間)
  • 超音波検査(頸動脈、甲状腺、乳腺※女性のみ、心臓、腹部)
  • 婦人科検診 ※女性のみ
  • 上部消化管内視鏡検査
  • 栄養指導、運動指導、結果説明
※検査の一部には結果に日数を要する項目があるため、1回目と2回目の検査は基本的に2~3週間あけていただきます。
※上記、ハイメディック名古屋開業後の検診一例となり、検査内容は変更になる場合がございます。
※検査日の予約状況により、検査時間及び順序は異なります。
主な検診機器
PET/MRI<中部圏初導入>
PET/MRI<中部圏初導入>

PETによる「細胞レベルの活動・代謝情報」とMRIによる「解剖学的情報・機能的情報」という2つの異なる診断情報を、同じタイミングと位置で撮影し、病変の機序を同時に評価することができる診断能力の高い検査装置。画像情報の精度が大幅にアップし、また同時撮影でのみ得ることができる“一致性”を持つ画像情報は、がんや脳疾患などの正確な診断、治療方針の決定に役立ちます。
さらに、従来のPET/CT検査に比べて検査時間を短縮でき、受診者の負担を大きく軽減します。(中部圏では初導入予定)

CT
CT

X線を用いて身体の断面を高精細に撮影します。従来のCT装置に比べて50%以下の被ばく量で検査が可能です。また、高電圧と低電圧の2つの異なる管電圧を使用してコントラスト変化を元に組織性状の識別ができる画像を生成でき、がんの早期発見、メタボ検診、ロコモ検診に威力を発揮します。

女性特有の疾患予防を担うため飛躍的に向上した婦人科検査機器
3Dマンモグラフィ
3Dマンモグラフィ

マンモグラフィ画像の立体視を可能とした画像診断システムです。従来の画像では病変が乳腺と重なり特定が困難でしたが、新技術であるトモシンセシス(3D)機能を搭載する本装置では1mm間隔の断層画像により、病変部の重なりや構造ノイズが減った画像が描出されるため、より明瞭に診ることができます。

乳房用PET
乳房用PET

従来の乳房検査と比べまったく新しい検査装置。PET/MRI検査(またはPET/CT検査)終了後、寝台にうつ伏せになり、20分程かけて検査を行います。寝台内部に検出器があり乳房の3D検査が可能で、従来のPET装置に比べより小さな病変の検出が可能となります。