開設時から積み重ねてきた発見症例データをもとに、検診委託先医療機関と調査・研究を行い、先進的検査を随時導入。充実した検査項目数で検診をカスタマイズし、病気を早期発見。

先進機器を複合的に使い、 一般の検診を大きく越える約32もの検査項目を設け、 より高精度で、 しかも受診者負担の軽い検診へと進化を続けています。

PET/CT 陽電子放射線断層撮影法
PET/CT 陽電子放射線断層撮影法
がん細胞独特の性質を利用し、1センチ以下の早期がんの発見も可能なPETと、がんの位置や状態を確認できるCTを一体化。 他の機器で発見できないがんの検出にも威力を発揮します。 脳検診では脳の機能を映像化、認知症をはじめとする疾患の評価に役立ちます。
グランドハイメディック倶楽部では、病変を見逃さないよう多列断層撮影を行っていますが、苦痛や不快感を伴わず、短時間で全身をくまなく検査することができます。


PET/CT 陽電子放射線断層撮影法
PET/CTでは、 PETとCTを同じベッドで一度に撮影します。
2つのデータを同時に収集するので、検査はよりスピーディで快適に、診断はより的確になります。
(検査画像はサンプルです)
MRI 磁気共鳴断層撮影
MRI 磁気共鳴断層撮影
3.0テスラ(超高磁場)MRI装置。
高感度・高解像度で病変をより鮮明に。

体の部位の断面を精緻な画像で観察できるMRI。3.0テスラのMRIは、一般に臨床で使われている1.5テスラを上回るクリアな画像を得られ、脳梗塞や脳腫瘍などの脳疾患をはじめ前立腺や卵巣、子宮疾患の早期発見にも大きな威力を発揮します。
MRI 磁気共鳴断層撮影
MRIなら生体に害を与えず、いろいろな臓器を評価できます。検査時の苦痛や検査後の副作用が格段に少なくなります。
マンモグラフィ
早期乳がん発見へ。
フルデジタルのマンモグラフィ。

最新鋭のマンモグラフィ(乳房撮影装置)を導入。乳腺構造や腫瘤、微少石灰化を鮮明に撮影することができ、乳がんの早期発見等に大きな力を発揮します。
マンモグラフィ
最新鋭のマンモグラフィは、組織の輪郭を強調した鮮明な画像を撮影可能。触診に抵抗のある女性にも安心して受診いただけます。
超音波診断装置
多彩な技術が広がる臨床応用

多彩なアプリケーションで腹部・表在・循環器をはじめとする幅広い領域で診断が可能です。また、単なる画像診断にとどまらず、深部まで高い分解能の画像診断が可能であり、病変の早期発見が望めます。
超音波診断装置

超音波診断装置
超音波は、臓器や組織の境界で反射する性質があり、その反射波を画像化するのが超音波診断装置です。動きの速い心臓なども抽出できます。
TACS&CAD
大量のデータを一元管理するPACSと
診断をサポートするコンピュータ検出支援装置CAD。

検診の画像データを一元管理するPACS。これにより、検診データの有効活用、長期的な経過観察が可能となります。さらに1人当り数千枚に及ぶ画像データから細かな異常を見つけるコンピュータ検出支援装置CADを導入。より診断の精度を高めます。
TACS&CAD
※写真は医療機器メーカーから提供されたイメージ画像です。
実際のものとは異なる場合がございます。

TACS&CAD
医療機器から生成された大量のデジタル画像をPACSで管理することは、迅速で正確な診断の基礎となります。IT化、フィルムレス化を促進することは、結果としてより高品質なサービスの提供につながります。

その他/重心動揺測定装置、エルゴメーター負荷心電図装置、内視鏡検査装置、血圧脈波検査装置 等