関東地区在住 N様 インタビュー

himedeic_logo
芳子ビューエル様 グランドハイメディック倶楽部で検診を受け、日本の人間ドックに対するイメージがガラリと変わりました。

取材地:ハイメディック山中湖
取材日:2006年8月

最新の医療施設を備えた検診クリニックができると聞き、さっそく会員になりました。

ハイメディックのどこに魅力を感じて会員になられましたか。

今から11年前に新宿で、ハイメディック主催のこれからの予防医療についての講演を聞いたんですよ。
そのとき初めてPETを知り、PETを含めた検診のあり方に共鳴しまして、「これだ!」と合点しました。
「エクシブ山中湖」内に最新の医療設備を備えた検診クリニックができると聞き、さっそく会員になりました。


一般的な検診と比べてどこが違うとお考えですか。

そうですね。病院などの検診は、「がん検診」のようにあらかじめ、がんはないかといったように疑ってかかり、特定の臓器に対して検診を行う。それでも見落とす場合があります。
ところがここでは臓器をまったく特定せず、検診するところがすごいと思う。
PETやMRI、CTなどを使って多角的に検診を行い、初期段階のがん細胞を発見し、早期発見・早期治療につなげているところに、違いを感じています。

実際に早期発見できたことがありましたか。

インタビュー風景心臓弁膜症の疑いがあるので、心臓外科で専門の検査を受けるように言われたことがありました。そのときは仕事が忙しくて、行く気はあったのですが、大学病院で検査はまだ受けていませんでした。
何度も連絡がありまして、「これは行かなければだめだな」と思い、出かけました。幸い、大事には至らずに済みましたが、ハイメディックはただ検査するだけでなく、こちらの受診行動をしつこいくらいに促されて(笑)、真剣に自分の身体を守るということを自覚させられましたね。



ここでの検診はどのように役立てられていますか。

毎年1回の検診を11年続けていますので、データがあります。先生いわく「個人でこれだけのデータがあれば予測ができ、対策もわかる」と。信頼関係の絆も強いですから忌憚のない質疑応答ができます。前回の検診ではこんなことがありました。
内蔵の検査をしたら中性脂肪の値が低過ぎる。何か薬を服用していないかと先生に尋ねられましたが、心当たりがありません。
「サプリメントは?」と訊かれるので何種類かのサプリメントを呑んでいることを話しました。そうしましたら、それら全部の成分を調べてくれまして、中性脂肪を抑えるサプリメントが2種類あり、効き過ぎていることを知らされました。なんでも抑えればいいというものではないのですね。サプリメントだから薬だと思っていませんでした。中には効き目の強いサプリメントもあるようです。また、同じような成分のサプリメントを複数呑んでいることもあります。
私の場合はそれでした。非常にキメ細やかに検診、問診をしてくれますので、安心して身をまかせられます。