関東地区在住 K様ご夫婦 インタビュー

himedeic_logo
関東地区在住 K様ご夫婦 グランドハイメディック倶楽部 会員

取材地:ハイメディック山中湖
取材日:2013年3月

脳疾患を早期発見し、QOL(生活の質※1)を保つために。最新鋭PET/CTでの検査と聞いて入会を決めました。※1)QOL=Quality of Life 生活の質と訳され、自立性を保ち人間らしく満足して生活を営んでいるかを評価する概念

ご入会のきっかけは?

以前からリゾートトラストさんのエクシブを利用しており、リゾートライフを楽しんでいたところ、そちらの営業の方から会員制の総合メディカルサポート倶楽部「グランドハイメディック倶楽部」について話を聞きました。当時はPET/CTが脳疾患やガンを早期発見できる最新鋭設備であることも、その名称すら知らずそれまでも人間ドックを受けてはいましたが、決まった場所はとくにありませんでした。PET/CTを導入しているのは国内でも非常に珍しく、これならば安心だと、すぐに入会を決めたのです。以来、夫婦そろって長年検診をお願いしています。
最近私の回りでは、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の総称)等で療養をされている方が増えているような気がします。医療の進歩によって死亡率は改善されているようですが、その分、後遺症を患う方が増えている。やはり“寝たきりになりたくない”“ボケたくない”という思いはあります。こちらではMRIやPET/CT等による複合的な検査で脳疾患の場合も早期発見が可能ですので、いつも安心してお任せしています。

トリプルチェックによる高精度の読影と丁寧な説明、治療施設の紹介までサポートしてくれる安心感。

実際にご入会されてみての印象は?

最新鋭の診断機器を使って検査していただくだけでなく、脳神経外科と放射線科の医師がダブルチェックで読影してくださっています。さらに、その結果を面談医の先生方が診断してくださり、毎回とても丁寧な説明がありますよ。ただ、もっと詳しく聞きたいと感じる会員の方もいたようで、最近はさらに詳しいお話が聞けるようになった印象です。利用者の声をもとに改善されていくところも、会員制であるグランドハイメディック倶楽部の魅力でしょう。

ご主人の感想はいかがですか?

ご主人)先日、私がひどいめまいを感じて具合が悪くなった折に、こちらの医療コンシェルジュの方を通じていつも面談を担当してくださる先生にご連絡いただき、すぐに地元の病院のご紹介がありました。そこの主治医の先生から、グランドハイメディック倶楽部の担当面談医とも連絡を取り合っていると言われ、より安心感が強まりました。その後の通院も自宅から楽にでき、おかげ様で順調に回復しています。この時は検診サポートとは別でしたが、万一検診で何か見つかった場合にも、グランドハイメディック倶楽部ならではの精密検査施設や治療施設を紹介してくださるので心強いです。

診断結果に基づく専門家のアドバイスで、日頃の健康管理にもしっかり取り組めるように。

ご入会後、生活に変化はおありですか?

奥様)グランドハイメディック倶楽部では、先生から結果の説明を受けた後に、医療コンシェルジュや管理栄養士の方から日常生活における健康管理のアドバイスもいただけます。おかげで、食生活や運動も意識して取り組めていると思います。その成果が、今年の検診結果にも現れました。

ご主人)日頃、スポーツジムに通って身体を動かしているのですが、皆さん私が70代後半と聞いて驚かれますよ。エアロビクスに参加して跳ねたりしているのを見て、お元気ですねと。中には、「年を重ねても、あなたのように元気でいたい」と目標にしてくださる方もいらっしゃって、嬉しい限りです。

年に一度の検査で異常がないと、元気になれる。心の安定剤のようなものです。

今後、どのように利用していきたいですか?

奥様)同窓会に参加すると、夫婦ふたりともが元気であることは羨ましがられます。70代半ばにもなると、どちらかがご病気だったり寝たきりだったりして外出できないことも。
主人も私も飲んでいる薬はありますが、正確な検診と先生からのアドバイスがあるので、遠出のときも安心です。これからも病気への心配はグランドハイメディック倶楽部にお任せして、私たちは健康で過ごすことだけを考えます(笑)。

ご主人)こちらで検診を受けて異常がないとわかれば、途端に元気が出る。一回受ければ一年安心、という心の安定剤のようなものですね。先日も検診のあと、早速旅行に行ってきました。引き続き検診を受けて将来もできるだけ元気でいたいと思っています。