低侵襲の放射線治療をはじめ、先進的ながん治療を行う医療機関との提携を進めています。 グランドハイメディック倶楽部なら医師のネットワークにより信頼のおける医療機関や医師へのご紹介が可能です。

がんの早期発見や性質の判別によって、「切らない治療法(低侵襲治療)」の選択肢が広がっています。
日本では十分な治療実績のある医療機関が限られている中、
先進的な放射線治療や免疫療法などを行う医療機関との提携を行っています。

強度変調放射線治療 東京放射線クリニック

がんの立体形状に合わせて放射線を効率的に照射し、複雑な形のがんにも対応

コンピュータで読み取ったがんの形状に合わせて線量を調整し放射線治療を行なう新しい照射方法です。周辺の正常な組織への照射を減らすことができるため、副作用を増加させることなく、より強い放射線を腫瘍に照射することができます。

強度変調放射線治療
粒子線治療 兵庫県立 粒子線医療センター

がん組織にピンポイントで粒子線を照射し、
健康部位へのダメージを軽減

放射線の中でも、止まる直前に高い線量を与えることができる粒子線の特性を生かし、がんに集中的に照射し、正常組織の障害は最小限に抑えます。

粒子線治療
外来がん治療相談窓口

発症部位、ステージなど、病状に応じて最適な外来治療法をご提案

入院せず、利便性の高い外来でのがん治療をお望みの方は、東京ミッドタウンクリニックの医師が中心となってご相談をお受けします。

*IMRT:Intensity Modulated Radiation Therapy