高精度検診

早期発見を可能にする
グランドハイメディック
倶楽部の高精度検診

小さな病変を見逃さないため、より早く危険な兆候を見つけだすため、
グランドハイメディック倶楽部では、
「先進機器による複合検査」「複数医師の複合チェックによる高度な読影」「ブランクのない毎年の検診」
を柱にした高精度検診を実施しています。
この3つの要素を柱に、全身の多様な部位を多角的にチェックし、
がんをはじめ心疾患や脳血管疾患など、さまざまな疾病の早期発見を目指しています。

グランドハイメディック倶楽部の高精度検診 3つの柱

検査機器先進機器による複合検査

先進的な検査機器 + 複数の検査を組み合わせた複合検査

先進機器による検査を複合的に組み合わせることで、診断精度を高めています。
どんな検査機器も1台で万能なわけではありません。

例えば、同じ臓器にできたがんでも、性質や発生部位が変われば発見可能な機器が異なります。原理が異なる複数の機器での検査に加え、主要マーカーや血液・尿検査などを複合的に組み合わせることで、がんの発見率はさらに高まります。
女性の会員様やご家族も安心できる、女性特有の疾患の早期発見にも有効な新しい検査機器も導入しています。

検査機器のご紹介

多様で多角的な検査項目

全身の各部位に複数の検査項目を設け、検診精度を高めています。

検診コースごとの検査項目一覧は以下よりご覧ください。コースによって検査項目が異なります。

検査項目一例

検査項目一例

拡大画像を見る

各検診コースの検査項目一覧

チーム検診複数医師の複合チェックによる
高度な読影

グランドハイメディック倶楽部のチーム検診

複数医師によるダブルチェック以上の読影により、検診の精度を高めます。

高精度な検査機器により撮影された大量の検査画像から病変を見つけ出すためには、医師の経験とスキルが重要です。
グランドハイメディック倶楽部では、放射線診断専門医が全施設に常駐し、検診に精通した読影医・総合診察医が、チームで診断しています。
複数医師によるダブルチェック、トリプルチェックの読影体制を確立し、画像診断の精度を高めています。

医師のご紹介

毎年の検診ブランクなく定期的に受診

毎年の受診が、早期発見の確率を高めます。

「がんが見つからない」は「がんがない」という意味ではありません。1cm以下のがんは見つかりにくく、検査で発見できる大きさは一般的に1〜2cmほどといわれています。検診で見つからなかったのは、がんが小さすぎたためで、知らぬ間にあなたの体の中で育っているかもしれません。
2cmを超えると成長スピードが急激に早くなる傾向があります。がんの成長スピードが速くなる前に発見できるよう、毎年定期的に検診を受けることが大切です。

もし毎年受診していたら、1cmのがんを発見できたかもしれません。

継続的な検診により、経年変化をチェック。発病のリスクを予見します。

検診結果を基準値と比較するだけでなく、過去の検診結果と比較することも大切です。
検診データを経年で追うことで、危険の兆しを読み取り、発病を予防することも健康を保つ秘訣です。

グランドハイメディック倶楽部では、ブランクなく定期的に検診を受けていただくため、クラブデスクやコンシェルジュによる年間を通したフォローを行っています。

倶楽部だからできること

サービス内容へ