コロナ禍における検診の重要性

グランドハイメディック
倶楽部 理事長
栗林幸夫医師よりメッセージ

がんや心疾患、脳血管疾患などの早期発見のチャンスを逃さないために、今こそ検診の受診が大切です

新型コロナウイルス感染症が世界各国で猛威を振るう中、実は医療機関においても手術の延期や外来診察の中断などさまざまな制限を強いられてきました。日本だけでなく、世界各国でも救急外来やがん検診の受診数などが減少したことが徐々に明らかになりつつあります。短期的には、こうした行動制限はやむを得ないことでしたが、治療が必要な疾患やがんは待ってくれません。

新型コロナウイルスの感染を恐れて検診の受診を控えている方もいらっしゃるかもしれませんが、受診しないことで、がんや心疾患、脳血管疾患など命にかかわる他の病気の発見が遅れてしまうリスクがあります。本来であれば簡単な治療で完治できるはずだった疾患が、発見が遅れることで治療の負荷が大きくなる場合や治療の選択肢が減ってしまう場合もあります。

コロナ禍の時代、ご自身の健康を良好に保つために、感染症に対する安全対策をしっかり行っている医療機関での検診を前向きに取り入れ、がんや心疾患、脳血管疾患をはじめとした疾患について、年に一度検診を受診することが重要であると考えます。
グランドハイメディック倶楽部 理事長 栗林幸夫
グランドハイメディック倶楽部 理事長
栗林幸夫

01基礎疾患を確認し、感染症の重症化リスクを低減する

厚生労働省による発表では、新型コロナウイルス感染症の重症化のリスク因子として、以下の要素が挙げられています。

新型コロナウイルス感染症 重症化のリスク因子


<基礎疾患>
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心血管疾患
  • 慢性腎臓病
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

<その他の因子>
  • 65歳以上の高齢者
  • 肥満(BMI 30以上)

※厚生労働省「新型コロナウイルス感染症COVID-19 診療の手引き第3版」(2020年9月3日発行)より
上記に加え、要注意な要素として、「喫煙歴」「妊婦」「悪性腫瘍(がん)」を挙げ、新型コロナウイルス感染症が重症化しやすく注意が必要であるとされています。

これらのリスク因子に備えるためには、疾患の予防に努めることはもちろん、できるだけ早期に発見し、早期に治療を行うことが大切です。がんや心疾患、脳血管疾患の発見や治療開始の遅れを防ぐために検診を定期的に受診することは、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを低減するためにも重要であるといえます。

02がんをはじめ、基礎疾患の進行リスクを低減する

2018年の三⼤疾病による年間の死亡数は、がんが373,584⼈、⼼疾患が208,221⼈、脳⾎管疾患が108,186⼈です。1⽇あたりに換算すると、がんが1,024⼈、⼼疾患が570⼈、脳⾎管疾患が296⼈と、多くの⽅が三⼤疾病により亡くなっていることが分かります。

検診の受診を控えた結果、本来発⾒できたであろう疾患を早期に発⾒できず、病気が進⾏する恐れもありますので、新型コロナウイルス感染症対策と同時に、がんを含めた基礎疾患への対策も必要であるといえます。

2018年三大疾病による死亡者数

三大疾病 年間死亡数 1日あたりの
死亡数
がん 373,584人 1,024人
心疾患 208,221人 570人
脳血管疾患 108,186人 296人
※公益財団法⼈がん研究振興財団「がんの統計'19」主要死因別死亡数年次推移2018年より。「1日あたりの死亡数」は「年間死亡数」をもとに算出。
新型コロナウイルスの感染拡⼤により、
検診受診や病気の治療を控える方もいらっしゃいますが
コロナ禍においても、疾患の早期発見・早期治療が重要です。

当倶楽部が提供する
コロナ禍時代の高精度検診

徹底した感染症への安全対策を行った、少数限定の“密”にならない
高精度検診で、基礎疾患の早期発見を目指します。

新型コロナウイルス感染症への徹底した
安全対策

皆様が安心して検診をご受診になれますよう、新型コロナウイルス感染症に対する徹底した安全対策を行い、スタッフ一同、皆様を万全な体制でお迎えしています。

安全対策について

少数限定の"密"にならない検診

1日の検診受診人数の上限を10数名に限定。会員制だからこそ実現できる少数限定の会員様専用検診空間で、"密"にならない高精度検診をご提供しています。

※各施設により検診人数が異なります。

サービス内容について 検診コースについて

先進機器とチーム検診で基礎疾患を早期発見

高精度な検査機器を用いた複合検診とダブルチェック以上の読影、ブランクのない毎年の検診により、がんをはじめとした疾患の早期発見を目指しています。

がん検診・がん治療について 高精度検診について

当倶楽部医師が実践する
コロナ禍における健康対策

グランドハイメディック倶楽部では、新型コロナウイルス感染症流行下で、「いまできること」という視点で医師が自ら行っている健康対策などを、RTTGポイントクラブのメールマガジンや各医療機関のウェブサイトで配信しています。ぜひ、日々の健康管理にお役立てください。

vol.01 吉形玲美医師の健康対策

vol.02 山門實医師の健康対策

CONTACTお問い合わせ
・資料請求

詳しい資料のご請求やご質問などございましたら、フリーダイヤル(通話無料・携帯OK)
またはWebフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-374-004

フリーダイヤル0120-374-004

受付時間 9時〜18時 
土日祝・弊社所定の休業日を除く
【通話料無料】

Webフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ・
資料請求

グランドハイメディック倶楽部について